読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおいずむ。

something's gotta give

今だけは 君だけは 僕にもっと溺れてよ

 

ようやくJUMPのアルバムをゆっくり聴いてます。発売されて1週間ほど経ちました。先週からツアーも始まりまして、彼らにとって素敵な夏になりますようにと願いを込めて、今年も私は部屋で静かに音源を堪能します。

それなりの音源とそれなりの映像を集めてはいるものの、私たぶんジャニヲタと言えるレベル(レベルってなんだ)ではないと思うんですよね、正直。

 

好きなんですけどね。

 

何かをめちゃくちゃ好きだと思って生きていた、あの熱量はどこに行ってしまったんだろうか。元々そんなものなんて私には無かったのか。そのうち熱を上げていくことが出来るのか。不確かで未知数なことばかり。

 

ちなみに今回発売されたアルバムはDEAR.というんですけれども、歌詞カードの見開き半分がメンバー個人、半分が歌詞。って作りなんですよ。

 

SUPER MANって曲の隣に裕翔くんが写ってるのめちゃくちゃすごくない???裕翔くんスーパーマンかよ。なるほど裕翔くんが私のスーパーマン。(落ち着け)

 

君だけのSUPERMAN だそうですけど、私だけのSUPERMANでいて下さい。

 

なんてことをつい思いついたり言いたくなるのはただの病気なので気にしないでください。よくある発作です。あいたたたたたた。

 

この夏はDEAR.を何度も何度も聴いていこうと思います。そう、何度でも。

 

ただJUMPについて話すだけになってしまった。あれ。おかしいな。まあいいか。書き留めておきたいだけだし。

 

ちなみに昨日から始めたこのブログ、毎日更新しよう、が本を読むよりもJUMP聴くよりも気にしている個人的な目標です。

すぐ飽きるタイプなので、文章が少なくても取り敢えず毎日続けられたら良しとしたい。ハードル低めに設定しておきたい。

 

さて、明日も仕事ですね。

デスクの引き出しにお菓子とかいろいろ持ち込んで、合間にもそもそ食べているんですが、この前からカルピスの原液がログインしました。おめでとうございます。

ちなみに自宅の冷蔵庫にもカルピスがあり、毎朝飲んでいるので私の身体がカルピスで構成される日もそう遠くはないと思います。(確信)

 

今週末の花火大会、ぼっち参戦になるかとひやひやしていましたが、心優しいお友達が見つかりました。良かった。本当に良かった。かき氷食べる。迷うことなくイチゴ一択で。

 

 

それでは。

 

ブログ始めました

どうも、あおいです。

8月になったし何か始めるか〜ということで、勢いに任せてブログなんてものを開設してみました。

勢いって大事だと思います。(確信)

Twitterで呟くのに慣れすぎたせいで、ブログとか書くのめちゃくちゃ久しぶりだし、内容めちゃくちゃかもしれないんですけど、そこは私の脳内がめちゃくちゃだからしょうがないってことで。

ちなみにここ最近(というといつもだと言われそうだけれども)自己嫌悪の波が酷くてメンタルが荒みに荒んでどうしようもないくらい大変な状態/(^o^)\だったので、少しずつ切り替えていけたら人生ちょっとは生きやすくなるんじゃないかな!と思いまして、本を読むことにしました。読書の夏。引きこもりにはもってこ……じゃなくて、インプットしよ。インプット、大事。

そんなわけで、小路幸也さんの東京ピーターパンから読み始めようと思います。

小路幸也さんの作品はいくつか持っているので、この本は手に取った時に「あ、買おう」と即決でした。

そのくせ、実は買ってから1度も読まずに本棚に置きっぱなしにしてました。ごめんね。買って満足しちゃうっていうあれなんだ。たまにやってしまう。

そしてそんなことを何回も繰り返すうちに、なんだかんだで読んでいない本が他にもたぶん10冊以上ある……( ´_ゝ`)

そういうものをかひとつずつ消化していけたらいいなあなんて、ハイ。

あ。話は飛びに飛びまして。

今日、仕事帰りにTSUTAYAに寄ったんですが、Hey! Say! JUMPの中島裕翔くんが出ているピンクとグレーがレンタル開始されていることに初めて気付きました。初めて。TSUTAYAとか先週も行ったのに何をしていたんだ私は。

これを逃すわけには……!と思い、手に取ってレンタルコーナーをうろうろしていたんですけど、やっぱり手元の本から読みたいし、週末時間のある時にゆっくり観たほうが楽しめるのでは……?ということで元の位置に戻しました。グッバイ裕翔くん。またね裕翔くん。ちゃんと観るからね。……たぶん。きっと。

なんてったって、裕翔くんのおエロいシーン拝まないといけないからね( ´_ゝ`)

もういい時間だし、本読んでぼちぼち寝ようと思います。

それでは。