読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおいずむ。

something's gotta give

花火大会に行きましたというお話

おはようございます。

土曜日の朝です。と言ってももうお昼前ですね。ぐだぐだ過ごしてしまった。

 

日記は毎日書きたいですねと言ったあとから見事に放置でした。折れるの早い。

飽きずにがんばりたいです。(棒読み)

 

そんなわけで、昨日は地元の市内の花火大会に行ってきました。先月は違う市の花火大会にも行ったんですが、地元のほうがやはり人が多くて出店の近くは歩くのが大変でした。普段どこに潜んでるんだよってレベルで人が多い。いつも思いますが、お祭りってすごいですよね。

ちょうど公園内に入った時に知っているバンドの演奏が聴こえてきたので彼氏と急いでステージ近くに向かったんですが、辿り着く前に終わってしまって残念でした。

花火が始まるまでもう時間もそんなになかったので何か食べ物でも買って食べながら見ようってことになり、私はかき氷(イチゴ一択)とササミ(あればチーズで)を買うために列に並んだのですが並んでいる途中でカウントダウンからの花火スタート。

「去年もこんな感じじゃなかった?」って笑われて「1時間してるし大丈夫だよ。まだまだ見れるよ。」とは言ったものの、少ししてから土砂降りの雨。雷雨。最終的に中止になっちゃいましたね。雷綺麗だったなあ。(違う)

ちなみに雨が降り始めてから濡れないところに移動したんですけど、かき氷持ってる手に力が入ったのか雨水が入ってしまったのかそれとも両方なのか、容器かカキ氷が零れて左手から腕に伝い始めて大変でした。

移動した先には元々席を取っていた人たちや、雨を凌ぐために来た人とか、わりと人がいて、2人でしゃがんで花火を眺めていたんですが、残念ながら見えづらかったです。空いてる位置はもう見えないところだけなんだよね。みんなよくわかっていらっしゃる。

 

記憶にある限り、市の花火大会がこんなふうに中止になることなかった気がするんですが、たまにはこんなこともあるんだなあと。思い出には残りますね、確実に。

 

来年は花火が最後まで見られることを天気に祈りつつ、花火大会へ行かれたみなさんお疲れさまでした。

 

雨も小降りになった頃、食べ直しに屋仁川へ行きました。歩いてるうちに雨が止んできたので、急に花火上がったらどうする?なんて話しながら歩いてましたが、上がるわけない。悲しみ。

そんなこんなで着いたのは彼氏が行きたいと言っていた串屋。お通しでキャベツが出てきて、頼んだ料理が運ばれてくるまでの間、キャベツを食べていました。なんていうか、シュール。向かい合ってただキャベツ食べてるの。面白い。

店内にあったテレビでは海猿をしてました。もののけ姫ではなかった。雨に濡れてからクーラーの効いてるお店に入ったので、服はまあまあ濡れてるしじんわり寒いな〜って思っていたので、伊藤英明が海にいるシーンを見て「うわっ寒そうめちゃくちゃ寒そう」という気持ちしかわかなかった。真剣に見れなくて申し訳ない。

そんなこんなで、めちゃくちゃおすすめされたチャーハンを少し分けてもらい食べました。

一口目を食べたら「どう?美味しい?」って聞かれたんですよ。卵と絡めたせいでチャーハン自体の味が良く分からずに(しまった!)と焦りました。あ、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

そんな夜でした。

 

そういえば、前の日記で友達と行くと書いていたんですが結局彼氏と行ってきました。あ、ちゃんと友達はいます。架空じゃない。実在しています。今度ごはん食べに行きます。そのうち。あのよくある「今度ごはん行こうね!飲み行こうね!」って話して流れて時が経つ……なんてことにならないよう、きちんと日取りキメたいです。女の子同士っぽく甘いものでも食べに行きたいですね。

 

 お祭りは今日も開催されていますが、私はクーラーガンガン効かせつつ部屋の掃除でもしようと思います。(ただの引きこもり)

 

それでは。