あおいずむ。

something's gotta give

恋と呼ぶにはまだ不確かな

久しぶりのブログになります。

書きたいことがどうしようもないくらいに溢れてきたので、11月が終わってしまう前に書き留めておくことにしました。




村井良大くんのことを好きになりました。



これは私の考えなんですけど、好きだという気持ちってそもそも勘違いだと思うんですよ。好きだと思うから好き、好きだと感じるから好き、どうしようもなく降って湧いてくるような好き、そういうの全て勘違い。勘違いを積み重ねて好きだと思っている。


何かを、誰かを好きだということ自体、自分が認めてようやく納得出来る。



村井くんのことは戦国鍋TVの敦盛2011という曲でわりと昔から知っていました。でもその時はまだ敦盛2011めちゃくちゃ楽しい曲だな?!って感じで。村井くんのことも鈴木さんのことも全然認識していなかった。そう、私は村井くんのことを認識していなかったのです。なんて罪深い。


私はテニミュも一応通ってきているのですが、青学2代目、氷帝1代目、立海1代目くらいしか認識していなかったのです。(加藤和樹さんが好きです。)


その後もテニミュを追っていれば自然と宍戸さん役をしていた村井くんに出会えていたと思うのですが、そこで私は出会えなかった。なんて罪深い。


ミュージカルって沼が深いよね。若手俳優って沼が深いよね。なんてことはめちゃくちゃ分かっていたし、段々と遠ざかっていきました。最近の俳優さん全然分からない。当時テニミュの俳優さんたちのTwitterを最近見るようになり、時の流れを感じました。



まあそれはいい。
村井くんの話をします。


最近私のメンタルは非常によろしくなく、少しでも笑えるもの元気になるものを摂取しようと、芸人さんのネタを見たりしていました。高校の時に見ていたNONSTYLEさんのネタを見ているのが主でした。あとラーメンズとか。
そんな感じで色んなものを巡っていたら、敦盛2011を目にしたのです。あっこれ見たことあるわ〜好きなやつだ〜みたいな。そんな軽い気持ちで見たわけです。敦盛2011を。



そこで私は自覚してしまうのです。


「待ってこの赤い服の人の声めちゃくちゃ良くない???」


オタクはよく自分の感情が追い付かずに「待って」を連発しますが、私ももれなくそんなオタクなので脳内で待って待って待ってを繰り返していました。私の感情は全く待ってはくれなかったわけですが。


ここでようやく私はこの赤い服の人を村井良大くんだと認識したのです。おそらく初めて敦盛2011を見てから何年経っているんだよって話ですよね。8年か?本当に罪深い




まあ、そこからは早いもので。



一気に村井くんに落ちていきました。


Twitter見ていると分かりやすいですね。

今週の私、村井くんbotになりかけてた。




アカウント違いますが、どちらも私です。


くそちょろいオタクですね私は。


マウントレーニアのノンシュガーはディアフレンズというラジオに村井くんが出ていた時に好きだとお話されていました。ものすごくまろやかで飲みやすく、今週食後にマウントレーニアを飲んで午後を乗り切っていました。ありがとう村井くん。


それから。

YouTubeにあるデスノートの公式MVを何度も何度も見ています。最初の「そんなばかな 耐えられない」と言っている時はまだ戸惑いがあったはずなのに、後半になるにつれて振り切れているところ、ものすごく伝わってきてすごいなと思いました。月並みな感想しか言えないんだけど、この人の舞台を自分の目できちんと見たいなって。





このタイミングで来年デスノートのミュージカルがあるということは、行けということなのだ。きっと。

ちなみにデスミュのことよく分からないまま来年に臨むのはいけない、と思い過去のデスミュの映像も見ました。その上で村井くんを推していきたい。ゲネプロの映像とかもこれからきっと出てくると思うんですけど、楽しみにしています。



こんな気持ち悪いオタクがファンになってしまってごめんね。村井くんにもむかしからの村井くんのファンにも申し訳ないと思っています。
私はドがつく程の新規ファンで。舞台のこと自体よく分かっていないんですけど、それでも、私の出来る限りの熱量でこれからの村井くんを応援していきたいと思っています。


取り敢えずは、来年のデスミュ。頑張って明日の先行チケット申し込みたいと思います。当たったら博多座に行くぞ!私は!





恋と呼ぶにはまだ不確かな。


とタイトルに挙げていますが、もう完全に恋だよこれ。



来年の新春ドラマの教場にも村井くん出ますのでぜひよろしくお願いします。みんな見よう。



それでは。

「不安で仕方ない」と呟く君

あきらめたら あきらめたら 夢は遠ざかる
追いかけても 追いかけても 同じ事
嗚呼 嫌になる全てが嫌になる夜更け
「不安で仕方ない」と呟く君

(つばき/夜更けの旋律)






こんばんは。
お久しぶりです。

久しぶりにmixi眺めてたら懐かしくなったのでちょっと日記書いてみようかと思いました。数年経っても振り返ることができるっていいツールですね。自分の為にも使っていかねば。




ちなみに、4年くらい前の私、こんなことを言っていたんですよ。


本当にね、本当にね、ご飯が美味しいって感じられることって大事。
ストレスで食べたり食べられなくなったり、どっちも経験はあるけど、その時って美味しいと思う感覚って薄れてた気がします。取り敢えず口に突っ込んでおこう、みたいな。


そんなこんなで、生きやすくなったか?と過去の私に聞かれても、まだ頷くことは出来ないんですが。諦めなければ、変わろうと努力していけば、きっと、生きやすくなるから。まだ暫くは生きていたいし。頑張りたい。


と、思いつつも、気持ちが追い付かないことは普通にあって。ぐだぐだと布団の中で1日を終えてしまいそうな時もあるんですが、連れ出してくれる人がいるので有難い。出掛ける準備とか、わりと億劫なんですけど、一歩外に出てみたらそうでもないな、って思うことよくある。
Rainにて、かき氷を食べ、ホットサンドを食べ、締めに大浜での夕焼け。雲も多かったけど、綺麗でした。





6/3は彩冷えるに会いに東京へ行ったりもして、そのことも日記にしようと思いつつ気付いたらもう2週間経ってた。今度書きます。笑

9月は奇跡的にJUMPのコンサートも当たって、運使い果たしているのではないかと思ってしまうくらい、怖いです。
お金は飛ぶけど楽しさを掻き集めて笑っていたいです。

折角だから、楽しみたいですね!

はい、そんなわけで明日から仕事!
ファイ\( ˙꒳​˙ \三/ ˙꒳​˙)/オー

人は笑うように生きる

くだらないの中に愛が
人は笑うように生きる

(星野源/くだらないの中に)


今更過ぎますが、
明けましておめでとうございます。


ブログの存在、忘れていたわけじゃない。

何度か書こうと思ったけれど
何となく書く気になれなかった。

そんなこんなで気が付けば3月25日。


私、めでたく誕生日を迎えてしまいました。

24歳と12ヶ月 になります。


こういう言い方をすると、
13ヶ月と13週と13日と満月の夜
というタイトルの本を思い出します。
細かい内容は覚えていないんですが
小学生くらいの頃に読んだ気が。

前に近くの図書館で見掛けたので
そのうち借りようかな
と密かに思っていたりして。



25歳って響きも良いと思うんですけどね。

四半世紀。

四半世紀生きた って
ようやく言えるようになったのは
ちょっとだけ嬉しいです。

半世紀を迎える頃には
どんな私になっているんでしょうね。
ここが折り返しだとしたら。


淡々と過ぎていく日々を
淡々と見逃さないように。

そんな生き方をしたいな、
と思えるようになりました。



そう簡単に変われるものではないですが、
明日からもあおいをどうぞよろしくお願いします。

なんてったって今年は大吉でしたからね。

これから運気は右肩上がりになると信じたいです。


重荷にならない程度に。

ラーメンを食べに行きましたという話


三連休のど真ん中、日曜日!


というわけで、ラーメン食べてきました。


元々、ラーメンってそんなに食べることなくてカップラーメンとかもそんなに好きってわけではない私が。
くろべえのくろべえ(+バタートッピング)を食べてから、定期的にくろべえが食べたくなる病にかかりました。なんてこった。

初めて食べに行った時は、え?バタートッピング?!って思いながらも頼んだんですけど、あのこってりさがめちゃ美味しくて。うん。美味しくて。ハマってしまった。

まだくろべえでくろべえ以外を食べたことがないので、そろそろ違うものも食べてみたいと思います。
よく飽きもせず同じもの食べるよね。かき氷もだけど。と、自分でびっくりします。



こんな時間にラーメンのこと思い出すべきではなかった。餃子が食べたくなってきた。あと、ほかほかのご飯。



……私はもう寝るべきだと思う。



あ、寝るといえば。
最近彼氏と喧嘩する夢と、友達と喧嘩する夢を立て続けに見たので寝起きのメンタルがよろしくないのですが、グーグル先生に聞いてみたところ、吉夢とのことでした。

この流れでいくとそろそろ家族と喧嘩する夢でも見るんじゃないかと思ってます。


まあ全部吉夢だから大丈夫でしょう(適当さ)




そんなわけで寝よう。よし寝よう。日付も変わってるし今日はもう寝よう。美味しい夢とかみたいし。もしくはめちゃはしゃいでる夢とか。


明日もそれなりに良い日になりますように。

それでは。

生まれる森


「けど、やっぱりそんなの変ですよね。どちらも幸せにならなきゃ意味がないってわたしは思うから」
 そう、だからきっと、わたしは言葉をたぐりながら呟いた。
「わたしはあの人に幸せになってもらいたかったんです。眠る前に新しい朝が来ることを楽しみに思うような、そんなふうになってもらいたかった。けど、わたしには無理だった。
 その力不足を未だに認めなくないのかもしれないです」
「自分が他人を幸福にできるなんて発想は、そもそも行き過ぎなのかもしれないよ」
 わたしは雪生さんの顔を見た。彼はメガネを掛けながら笑った。
「幸せにしたいと思うことは、おそらく相手にとっても救いになる。けど、幸せにできるはずだと確信するのは、僕は傲慢だと思う。」

(生まれる森/島本理生)


雪生の台詞が好きです。

それが書きたくて引っ張り出して引用しました。





私が好きな作家の中に島本理生さんがいるのですが、一時期どハマリして本を集めました。
初めて読んだのはナラタージュ。高校のとき友達に勧められたのがきっかけでした。
このナラタージュという作品が来年映画化するのが決まったことを知った時は衝撃だったんですけど、キャストが松潤有村架純ちゃんなので公開楽しみにしてます。

本読むっていうとどういうの読むの?って聞かれたりするけど本棚眺めると大体恋愛小説だったりするからなかなか言いづらかったりする。
身近に島本理生とか江國香織とか綾崎隼とか橋本紡の作品好きな人いませんかね?これいいよね〜って話がしたい。(笑)

ミステリーも読まないことは無いけど持ってはないと思う。東野圭吾とか村上春樹とかいくつか読んだことはあるんですけど。
ちなみに村上春樹海辺のカフカしか読んだことないのでノルウェイの森はそのうち読みたいと思ってます。映画化もしてますし。と、思ってから数年経ってるわ。笑


なんだかんだもう10月ですしね。まだ暑いけど秋ですからね。本読も。読書の秋にしよ。インプットがなければアウトプットもできないですからね。

良い秋になりますように。

もっと心躍る世界が

すぐ隣にあったとしても
乱れたあなたの髪に
触れられるこの世界がいい




あおいです。

自分の為に意識して何かするってさいきんあんまりしていなかった気がして。

これは良い機会なのかなと思って。


買っちゃいました。

LUSH

の、ギフト詰め合わせ。


自分へのプレゼントってことで。




ちなみにLUSHが何かと言いますと。


こういう石鹸とか取り扱っているところです。(回し者ではない)

一人暮らししていた頃はちょこちょこ店舗まで買いに行ってたまに使ってました。
香りがすごくたくさんあって。バスボムとかも花びらが入ってるのあるし。お風呂楽しい!ってなる。

実際に店舗に行くと店員さんがどうぞーっていろいろ勧めてくれたりテスターさせてもらえたり。可愛いお姉さんがたくさんいるのでめちゃくちゃ癒されます。そう、良い香りがするお姉さんとすれ違うと振り返って付いていきたくなりますよね。……あ、これは話が逸れるからやめよう。


店舗と言えば、博多だと駅構内にあったからわりかし行きやすかったんですけど、鹿児島だと確かイオンモールにしかなかったような。
職場の研修で今年ちょっっっとだけ鹿児島に住んでたんですけど、それでもLUSHのものを買いに行こう!って気持ちすら私の中にはなくって。

それなのに。
ふと思い出して、HP見てるうちに欲しくなって、ええいもう買ってしまえ!と勢いでポチりました。島に住んでるくせにネットでの買い物ってほぼしないのでちょっとドキドキしました。不慣れさ。笑

出来れば目で見て手に取ってから買いたいって気持ちがあるんですけど、まあ島でそんな事言ってるとモノの調達出来ないよね!って話。

そりゃ生きるの不便だわ。納得。




そんなわけで今日はお風呂入るのめちゃ楽しかったです。

私が買ったギフトセットにはみつばちマーチという石鹸が入っていたんですけど、そう!これ!すきなやつ!匂いが!めちゃ!よい!(興奮)

お風呂出ても匂いが結構残っているので「は〜幸せだ〜鼻が幸せだ〜」って気持ちです。

心地良く過ごすことは大事だなと思いました。(今更感)



今日は少クラも見れたしスク革も見れたしなんとなくJUMP離れしてたけど、やっぱり好きじゃんか〜
!めちゃかわじゃんか〜!と視覚的にも癒されたので良い夜でした。

ここ数日心身ともにずどーん!って落ちてるのでそろそろ立て直したいです。


いざ!参る!(寝ます)

あとべさまおたんじょうおめでとうございましたという日記。

10/4は跡部様の生誕記念日でした。
とても尊い日ですね。


私が彼に出会ったのは中学生の頃なのでもうかれこれ10年程前になります。時の流れってめちゃ怖い。早い。恐ろしい。
あの頃の私は二次元に行けるんだと信じていました。休み時間、昼休み、友達とベランダに出ては「二次元に行きたーい」だなんて、あいたたたたたたたたたたたいたたたたたたたたたた(自爆)



あの頃は何にでもなれたね。

跡部の同級生にも。同じクラスにも。テニス部のマネージャーにも。後輩にだってなれた。



……そう、親のケータイを使ってね。


パケ代を気にして1日10分と決めて短い逢瀬を重ねていました。日々。

そしてケータイ代が高くなったと怒られていましたね。あるある。




そんなこと、もう気にしなくてよくなったから大人ってすごいなぁ。(そういう問題じゃない)

まだこうやって三次元で生きてますし。

平和だなあ。





もうテニプリの夢は見ないけれど、こうやって10/4は忘れられないんだなあとつくづく思います。

今年も15歳を迎えた彼に幸あれ。